girl in red shirt

お店を見つけよう

a nice girl is laughing

「ミナミ」とひと口に言っても広い。この広いエリアのどこに昼キャバはあるのだろうか?ここでは、ミナミのどこを探せばお店を見つけることができるのか、大体のトコロを説明しよう。

お昼の「嬢」たち

a girl running fingers through in hair

夜のキャバクラと変わらぬサービスで魅了する昼キャバだが、キャストには、夜のお店とは少し違った特徴がある。「キャバ嬢」というよりは、ウブっぽい「普通の女の子」というタイプが多いのである。

お昼もやってます

a girl is happy

ミナミの昼キャバを満喫するならこちらがオススメ。良心的な値段と美女があなたをもてなしてくれますよ。

「ミナミといえば?」と聞くと、どこからか打てば響くように「夜の街」という答えが返ってくる。確かに、そういう街である。
夜になるとキラキラとネオンが輝き、賑やかで楽しげな声が聞こえ、千鳥足のお兄さんや着飾ったお姉さんの姿が見受けられる…着飾ったお姉さんは、たいていはキャバクラのお姉さんである。
男性を美酒で酔わせ、美女で酔わせるキャバクラはミナミのいたるところにある。
一見、繁華街には見えないような奥まった街角でも、よく見るとキャバクラがお店を開けていたりする。そういうお店も、繁盛しているのである。
このようにミナミの夜は非常に賑やかだが、実は昼間も同じ意味で賑やかなことをご存知だろうか?
同じ意味…というのは、つまりキャバクラが開店しており、賑やかな声が聞こえる、ということである。

ミナミの街には、遅くとも午前中にはお店を開ける「昼キャバ」と呼ばれる種類のお店が存在している。ネーミングはシンプルだから、くだくだしく説明することもないだろう。
昼キャバとは、もちろんお昼に営業しているキャバクラである。夜とまったく同じように、美酒と美女に酔うことができる。
さすが商人の町だけあって、サービスは充実している。「昼だから」と言って何が変わるわけもない。
ここでは、そんな昼キャバについて知っていこう。
もし、夜に予定が詰まっているなら…夜の開店を待てないというなら…昼キャバで楽しむことができるのである。ここで書くことをぜひ参考にして、エンジョイして欲しい。

アルコール抜きで楽しめる

a girl standing near a building

「生まれつき飲めない」とか、「あんまりお酒が好きじゃない」という人でも、ミナミの昼キャバは堪能できるだろう。なぜなら昼キャバではアルコール抜きのソフトドリンクも飲むことができるからである。