girl in red shirt

アルコール抜きで楽しめる

a girl standing near a building

「ミナミの夜のお店」を素直に楽しめない、という人がいる。
まわりは気持ちよさげに、いつもよりテンションをアゲにして楽しんでいるのに、自分は…という人がいる。
なぜか?
彼は、アルコールを嗜まないのである。体質的にか、あまりお酒が好きではないのか、事情はさまざまだろうがそういう人は少なくない。
最近の若い人たちの中には、特に、そういう人が多いという話を聞くことがある。
オジサンたちに連れられて夜、ミナミのキャバクラに来たのは良いものの、まわりとの温度差にむしろちょっと疲れてしまう…ということもあるだろう。
そんな男性には、ぜひミナミの昼キャバをおすすめしたい。
「同じキャバじゃないか!」と言うかもしれないが、おしまいまで読んで欲しい。
なぜそんな男性に昼キャバをすすめるのかというと、昼キャバは、ソフトドリンクも置いているからである。

何しろ時間帯がお昼なので、全員がお酒目的で来るわけではないのである。
ミナミの昼キャバを利用する人の中には、
「会社の昼休みを利用して」
「退職後、お昼はヒマで」
そういう理由から来店する人も多いという。仕事中ならアルコールを口にするわけにはいかないだろうし、退職後のおじいちゃんはお酒よりお茶のほうが似合う。
もちろん、昼キャバでお酒を飲む人もいるが、数としては「ソフトドリンク勢」も少なくないのである。だから、アルコールを嗜まない男性も「まわりとの温度差」など気にすることなく、しっかり楽しめる。
ぜひゆっくりリラックスして、ジュースなど飲みながら、女の子との楽しいひと時を味わって欲しいと思う。